岩崎不在の大ピンチ⁉️ミスに付け込み空中戦を制し7連勝‼️

阪神タイガース

こんにちは‼️プロ野球観戦歴ならびにタイガースファン歴40年のbadass tigerです‼️

岩崎不在で苦しい中空中戦を制し7連勝‼️

タイガースは、ジャイアンツに5-2で勝ち東京ドームで3連勝そして7連勝になりました。

タイガースは、ジャイアンツ先発の戸郷投手に対して苦戦をします。

おそらくこれは、戦前から予想されていた事です。

しかし、タイガースはただ打てないだけでなく球数を投げさせていたことがボディブローのように効いてきました。

そして、才木投手の好投‼️

8回途中まで投げてくれました。

クローザー岩崎投手が不在の中、長いイニングをよく投げました。

そして、加冶屋投手、島本投手、ケラー投手よく投げてくれました‼️

そして、東京ドームでホームランが効果的に出る事が素晴らしかったですね。

近本選手、原口選手いずれも効果的な場面で飛び出した一発でした。

攻守にいいところが出たタイガース‼️

この記事では、タイガースがミスにつけ込んだ3連戦ということを中心に投手陣の踏ん張りについて書いていきます。

相手エースを徐々に追い込み逆転

タイガースの先発は、才木投手でした。

真っ直ぐに威力があり、武器であるフォークボールが効果的に機能していました。

出来は本当に良かったです。

3回は、ノーアウト一、三塁からゲッツーで失点しましたがその回以外は危なげないピッチングでした。

やはり、しっかりと間隔を空ける方が才木投手はいいみたいですね。

対するジャイアンツは、エース・戸郷投手が先発でした。

タイガースは、ジャイアンツ戦は11勝4敗と得意にする中、4敗のうち3敗は戸郷投手から喫したものです。

そして、残りの1試合も戸郷投手が先発した試合でのものです。

全4敗全てに関わっている戸郷投手は、タイガースキラーとも言える存在です。

戸郷投手は取り立てていい出来とは思えませんでしたが、得意とするタイガースに対して自信を持って投球していました。

しかし、タイガース打線はタダでは打ち取られていなかったのです‼️

5回で90球。徐々にかさむ投球数。

タイガースは、球数を投げさせて戸郷投手を削っていく作戦だったのです。

この作戦は、100球を超える7回に身を結びます。

この回先頭のノイジー選手が、右中間へツーベースを放ちます。

そして、代走は島田選手

島田選手が、一昨日のミスを取り返す好走塁を見せるのです‼️

つづく梅野選手は、バント失敗の後打って出ますが、打球はピッチャーへ大きく弾むゴロ。

この打球で島田選手は、三塁へ向かいます。

そして、それを見たフィールディングのいい戸郷投手は迷わず三塁へ送球。

タイミングは、アウトでしたが送球が逸れてセーフになります。

一か八かでしたが、打球の弾み具合をよく見て走った島田選手の好判断でした‼️

このフィルダースチョイスでノーアウト一、三塁になります。

そして、続く木浪選手の時に信じられないシーンを目にするのです。

戸郷投手は、一塁へ牽制をしますがそれを何とファースト中田選手が見てなくて逸らしてしまいます。

このミスで、ついに同点に追いつきます。

明らかに、中田選手は油断していましたね。

タイガースにとってはありがたいミスで追いつきました。

しかし、その後木浪選手が三振、才木投手はバントをミスとツーアウトでランナーを進められませんでした。

ここで1番近本選手が打席に入ります。

近本選手は、簡単に追い込まれますが2球ボールを見極め2-2からの5球目、インコースの難しい真っ直ぐを見事にライトスタンドへ運ぶ勝ち越しのツーランホームランを放ちました‼️

インコースは、元々得意な近本選手とはいえ体の回転で上手く運んだ技ありのホームランでした。

このホームランで戸郷投手をノックアウトします。

戸郷投手に3つ負けていた時は、いずれも打線の調子が悪く粘り強く攻める事が出来ませんでした。

今の打線の調子で、どう戸郷投手に相対するか?

そこがこの試合のポイントでした。

タイガースは、序盤打てないまでも粘って出来るだけ戸郷投手に球数を投げさせる事が出来ていました。

7回近本選手が打ったホームランが、129球目。

おそらく、序盤の力のある真っ直ぐなら詰まっていたのかも知れません。

捉えた近本選手は、凄いのですが最後の球はやや真っ直ぐの威力も落ちていたのかもしれません。

とすると、チーム全体での取り組みが打たせた近本選手のホームランだったのかも知れません。

才木浩人の勝ちを守る見事な火消し

タイガースは、才木投手を8回も続投させます。

これは、球数がまだ100球に行ってないのもありましたが岩崎投手不在が大きかったと思います。

岩崎投手は、疲労を考慮して先に帰阪させていたのです。

これも、岡田監督の配慮を感じますし先を見据えた見事な処置だったと思います。

しかし、いきなり先頭の坂本選手にホームランを打たれ一点差。

そして、代打・ブリンソン選手にショート内野安打からの代走・増田選手に走られます。

ノーアウト2塁で岡本選手、昨日1番の勝負所を迎えます。

カウントを悪くして、3-1からの5球目ストライクゾーンのフォークを打ちショートゴロ。

怖い岡本選手を打ち取ります。

しかし、続く大城選手にヒットで繋がれてワンアウト一、三塁。

ここで才木投手は、降板します。

才木投手は、7回1/3を117球8安打2四球で2失点と頑張りました。

気がつけば、8安打されていましたが2失点と粘りナイスピッチングでした。

ここで6番右の中田選手を迎えるところで加冶屋投手が出てきます。

中田選手は、先程のエラーを取り返そうとかなり力んで打席に入っていました。

その結果、やや甘い球がありましたがファウルになっていました。

カウントは2-2、これまで真っ直ぐとフォークしか投げていません。

そして、6球目に投じたのは何とカーブ

これが、見事に外角低めに決まり空振りの三振に終わります。

最後の球は、投げた方も要求した方も勇気がありましたね。素晴らしかったです‼️

そして、再び左の秋広選手のところで島本投手が登板します。

そして、原監督も動きます。

左の秋広選手に変えて右の岸田選手を代打に出します。

島本投手は、1-2からの4球目を打たせてサードゴロに打ち取ります。

やや、危ない球でしたが上手くタイミングを外しましたね。

頼りになる島本投手ですが、ここのところ登板が多くなっているので少し心配です。

そして、この場面個人的には秋広選手がそのまま打席に入る方が嫌だなと思いました。

左とはいえリーチがあって外の球が届く秋広選手。

おそらく、外に投げさせ気味の梅野捕手ですから秋広選手に上手く外の逃げる球を当てられるのが心配だったのです。

右打者の方が、落ちる球と真っ直ぐで思い切って勝負出来ます。

そして、岸田選手にはサヨナラホームランは打たれた事がありますがそこまで怖いという打者ではありません。

いずれにしても、加冶屋投手、島本投手の2人にはいつも難しい場面を淡々と抑えてくれるので頭が下がります。

そして、いい流れで迎えた9回表。

ワンアウトから木浪選手が四球で出塁すると、代打・糸原選手

岡田監督の方が、先に動くのです。

もちろん左が続くところ原監督も左殺しの高梨投手を出してきます。

ここで岡田監督は、代打の代打・原口選手を出してきます。

岡田監督
岡田監督

左が出てくる思うたから、(原口選手を)準備させといたよ、おーん。

岡田監督は、読んでいたのです‼️そして原口選手も岡田監督の期待に見事に応えます‼️

原口選手は、初球インコースに入ってくるスライダーをレフトスタンドへ値千金のツーランホームラン‼️

これで5-2、貴重な追加点となりました‼️

岡田監督が糸原選手を出せば高梨投手が出るであろうと見切った見事な采配でした。

この3連戦、監督同士の駆け引きも見どころがあり面白かったです。

まぁ、勝ったから面白かったのですが…

9回はケラー投手が、ランナーを出すもしっかりと0で抑えてくれました。

タイガースは、ついに戸郷投手に土をつけて東京ドーム3連勝‼️そして7連勝となりました‼️

ミスにつけ込んで3連勝したタイガース

この3連戦、ジャイアンツは3連勝が求められました。

逆に、タイガースは1つでも勝てればそれで良かったのです。

しかし、タイガースがスイープしました。

この3連戦で感じたのが、タイガースとジャイアンツの集中力の差でした。

ジャイアンツは、2戦目でブリンソン選手がセンターオーバーのヒットを放ちますが、ホームランと勘違いして走らなかったプレーがありましたね。

あれを全力疾走されていたら、ノーアウト2塁の大ピンチだったのです。

対するタイガースは、初戦岡本選手のタイムリーで同点か?というところを近本選手→木浪選手→梅野捕手と見事な中継プレーでホームアウトにしています。

2戦目も中野選手の見事な守りがありました。

タイガースの選手の方が、絶対に勝つという執念というか気持ちが見えました。

一昨日、島田選手が落球しましたが集中しすぎて起こってしまったミスです。

許されないミスですが、島田選手は一生懸命にプレーした上でのミスでした。

対して、ジャイアンツのミスはブリンソン選手の走塁、中田選手のミスいずれも集中力を欠いたミスでした。

タイガースもエラーは多いのですが、一つ一つのプレーを全力で疎かにしない結果がこの差になっているのだと思いました。

佐藤選手は…ただ上手くないだけだと思います…

タイガースは調子が悪く勝てていない時期でも、一生懸命にプレーはしていたなとこの3連戦、ジャイアンツのプレーを見て思いました。

他人のフリして、我がフリ直せではありませんがタイガースはいつも全力プレーを忘れないで欲しいですね。

まとめ

タイガースは、ジャイアンツに3連勝しました‼️

都合7連勝になりました‼️

ジャイアンツの信じられないミスにも救われましたが、タイガースのリリーフ陣は本当に頭の下がる素晴らしい投球が続いています。

何とか、へばらないような工夫を岡田監督もしていますが僅差のゲームも多くなかなか登板過多の流れは止められそうもありません。

これも勝っているから悩める、嬉しい悩みなのかもしれません。

今後は、勝ち過ぎた反動が来ないようどのように投手を運用していくか見どころです。

打線は、エース戸郷投手から粘って逆転しついに黒星をつけました。

近本選手、原口選手のホームランも見事でしたね。

今日からは、関西に帰って絶好調のスワローズを迎え撃ちます。

打線が好調で、大黒柱・村上選手も上向きのようです。

投手陣がいかに失点を最小限に留められるかがカギとなるでしょう‼️

それでは、ごきげんよう‼️

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました